ダイエット

暴飲暴食をなかったことにできます。「食べ過ぎた日をリセットする方法」

投稿日:

暴飲暴食をなかったことにできます。「食べ過ぎた日をリセットする方法」

だった1日だけ暴飲暴食したのに体重が増えてる。

ZIZIBEは言えます。この時に増えた体重は偽物です。嘘です。

えっ!なに?なんで?って言う方のために説明します。

実際に暴飲暴食した後、次の日に体重計に上がってみると本当に2~3kgが増えてます。

この増えた体重が本当の体重にならないように、暴飲暴食をなかったことにできるリセットする方法を4つ教えます。

下記の方は集中して聞いてください。

こんな方におすすめ

  • 一所懸命にダイエットしたのにだった一晩で台無しになってしまいました。という方
  • または以前よりも太ってしまった方
  • 体重がダイエットする前の体重に戻った方
  • リバウンドで増えてしまいダイエットはもうギブアップしたいという方
  • 1週間頑張って1日で戻る体重なら、いい加減ダイエットは無理と言ってる方

これからZIZIBEから説明します。まず、私たちが暴食した翌日、ケアする方法を学ぶ前に、

重要なことは、翌日増えた体重についての真実です。

みなさん、体重1kgを抜くのはものすごい大変ですが1kg増やすのはものすごい簡単だと思ってませんか?

その認識をもってるあなた!間違った情報を持ってます。

人は体重を1kg増やすためには10000Kcalが必要です。逆に体重を1kg減らすためにも10000Kcalが必要です。

だから私だちがどれだけ食べて暴食したって言ってもせいぜい3000Kcalです。これ以上を超えるのも大変です。

2,3日を頑張って食べ続けないと1kgは増えないのが事実です。なのに暴食したら次の日に2,3kgが太ってました。私は太りやすい体質です。

暴食すると体がむくみ、体重が増えてしまうことにより、メンタルを弱まってしまいます。

実はその増えた体重は水分です。だから2,3kgの体重が増えてるんではなく体がむくんだだけです。 この事実を知って置きましょう。

だから、1日で増えた体重のせいでダイエットを諦めずにダイエットを継続していく心は捨てないでください。

私たちがご飯を食べるとブドウ糖に分解され、エネルギー源として使用されてます。残りのエネルギーは、肝臓や筋肉にグリコーゲンと水分で格納されます。

グリコーゲンと水分のせいで暴食した翌日の体重が急激に増えます。

ここでグリコーゲンが蓄える貯蔵量と期間は限られているので、これを迅速に取り出してくれないといけません。

だから、暴食した翌日から継続に食べるとまさに体脂肪として蓄積されてしまいます。

簡単に言えば、暴食した翌日に私達の体にはグリコーゲンと水分で蓄積されてますがこれを迅速に抜かないと体脂肪に変化されてしまいます。

体脂肪を抜くのはグリコーゲンを抜くより7倍も難しいです。体脂肪に変わる前に、早く抜くのが大事です。

もう一度話します!

暴飲暴食した翌日は安心して食べてはいけません。

だった1日の暴飲暴食が体を太らせてるのは違います。

数日間、安心して食べるのが本当の体重を増やしてます。

たった1日の暴飲暴食は体重に影響しないことが実際に判明されてます。

ZIZIBE
それでは、みなさんが気になった前日に暴飲暴食した後、翌日にはどうすればいいですかについて話したいと思います。

科学的根拠が確実な翌日にリセットできる方法です。

1. 断食をします。時間は「18時間」継続することをお勧めします

すでに前日多くグリコーゲンがたまっている状態であるため、追加的にグリコーゲンを防ぎ、断食を維持すれば、グリコーゲンが体脂肪に変化することを防ぐことができます。

これは間欠的ファスティングからもたらしたものです。

間欠的ファスティングってなに?というかたにはZIZIBEの「間欠的ファスティングまたは断続的断食とは?やり方は?」を参考にしてください。

これは間欠的ファスティングの利点をもたらした方法であるが、通常、間欠的ファスティングダイエットをしていなかった方も、暴飲暴食した翌日だけは最大限空腹の時間を長く持ってください。それで脂肪がよく抜けていける状態をできるだけ長く維持することが大事です。

前日夜食が12時(PM)に終わったら、次の日の夕方18時に初めて食事をしてください。

もしかしたら、あまりにも長い空腹が大変で難しいし、なれない方は少なくとも12時間は維持してください。

ただし、ランチとディナーは健康式な食事やサラダなど軽い食事をお召し上がって下さい。

もちろん効果は18時間空腹と1食を断然お勧めです。

 

2.水分摂取!十分な水分を取ることが必要です。

通常、暴食した翌日は、食欲低下と罪悪感のため、起きて初めて食べる食事がが遅くなります。この時、無防備状態で食事をを迎えることになると、また新たな過剰摂取を誘発することになります。

空腹の時間をむやみに長く持って行くのもいいが、断食の欠点が1食でたくさん食べる傾向があります。なのでたくさん食べるのを避けるためには、あらかじめ水分を摂取しておかないといけません。

整理すると、暴飲暴食した翌日は18時間空腹を維持します。起きて食事をする前に2リットルの水を飲むという目標を持ってください。

これにより、体の老廃物も円滑に排出して体を軽く持ち、自分の元の体調を戻せます。

3. 空腹後の最初はサラダを食べる。(ただし、20分間サラダをしっかり噛んで食べる)

絶食を18時間成功したら、起きて初めての食事でもあるし、今日の最後の食事でもあるので、唯一の食事は栄養を考えたサラダをお勧めします。

空腹を長く維持して刺激的な食事を急に食べたら、私の食欲スイッチが再び点灯し、再び暴食をするようになりかねます。

ぜひ低塩食でサラダをお召し上がってください。またダイエット食を食べても適当に食べるのではなく、しっかり噛んで20分間、ゆっくりとお召し上がり下さい。ちなみにサラダを20分です。軽いご飯になるともっと長くしっかり噛んで召し上がってください。

前日、ZIZIBEの消化器官に過剰業務と残業をさせたので、今日だけは私の消化器官を快適にしてくれるという気持ちを持ちながら、口に入る食べ物は溶かして飲み込むという心構えでお召し上がってください。

ここで大事なのが食事をゆっくり食べることです。ゆっくりしっかり噛んで食べると寝るときものすごい空腹がなく、すぐ眠りに落ちることができます。

4. やりすぎたと思うくらいの下半身運動をします。

翌日の私の体にはグリコーゲンがいっぱいいます。なのでこの時にはインターバルトレーニングをするのに適正な状態です。罪悪感で運動を2〜3時間適当に時間を過ごしながら運動をすると、又、新しい食欲を誘発することになりますので、そのようにはしないでください。

1~2時間でも効率的にカロリーをしっかりと消費することができる筋力運動をしてください。

特に下半身の運動がよりお勧めです。下半身は大きな筋肉であり、私の体に70%の筋肉を占めるため、より効率的にカロリーを消費することができます。

整理すると、暴飲暴食した翌日に運動をするなら体調の状態が重いし怠いため、軽く有酸素運動で10分歩きなどをしながら、体に起こします。

その後、50分間下半身ウェイトを強力にし、体を仕上げでから再び有酸素を20~30分程度します。最後はストレッチ5分くらいで最適です。

注意点が適当な運動を長くするほどよいのではなく、運動する時にはしっかりと運動だけ集中し汗だらだらさせることです。

全般的もう一度繰り返し「暴飲暴食した翌日のケア法」を話しますと

1. 空腹で18時間以上維持

2. 起きて初めての食事前まで水2リットルを飲む

3. 起きて初めての食事は栄養あるサラダにし20分間、ゆっくりと食べる

4. 運動は下半身ウェイト中心ですること

暴飲暴食した翌日は、前日食べすぎ、起きてからお腹がすぐは減らないため、上記4つのケア法を守るのがそんなに難しくはありません。

だからもしたくさん召し上がっても次の日にダイエットをあきらめずに4つのケア法を守り、その次の日からは、元に戻って今までのとおりのダイエットに戻れます。

最後に注意すべき点は、あまりにも頻繁に暴食をし、18時間の断食を繰り返しすると、体の代謝が崩れてしまい、日々ダイエットしても痩せにくい体に変わってしまいます。

これにより、変化されない体に懐疑感がしてダイエットに失敗する確率がより大きくなるから翌日断食したら大丈夫という気持ちで暴飲暴食する行動を繰り返してはなりません。悪用しないでください

それでは、暴飲暴食してしまった自分を責めず、この方法を是非実践してみてください。暴飲暴食の回数もどんどん減らしていくことが大事です。

ZIZIBEから強く言いますが、ダイエットはよくやった日々と増やして体重を落とすのではありません。ダイエットを守ってなかった日よりよく守った日々をますます多く作り体重を落とすのです。

だから暴飲暴食したと思ったら、挫折せず、暴飲暴食する頻度を減らして行きましょう。そして結果的には健康的な習慣を1つ作ってみましょう。

以上、ZIZIBEからでした。

 

Copyright© ZIZIBEの一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.