ダイエット

ぽっこり下腹をぺたんこにできる唯一な方法は

投稿日:

下腹をなくす唯一な方法2つを紹介したいと思います。

ZIZIBEの体型もそんなに太ってるという感じではないのですがただ下腹はぽっこり出ております。

絶対的になくならないです。なにをしてもなくならなかったんです。特に酒好きで酒飲みながらダイエットって欲張りでした。

ZIZIBE
とにかくポッコリ下腹をなくすために研究して勉強してあらゆる論文などを探してみました。

結果は下腹がなくならない方法はだくさんありますが下腹をなくす方法は結論的には2つわかりました。

これから話したいと思いますがただし、下腹をなくす前に皆さんが勘違いしてる事実を明らかにしてから進めたいを思います。

ぽっこりお腹を触ってみるとみなさんブヨブヨしていると思います。人々はそれが全部下腹の脂肪だと勘違いをしますが実はそうではありません。

お腹に力を入れたとき、硬くなる部分があったらその部分だけは腹筋です。体脂肪ではありません。

お腹の力を抜かしたら再びブヨブヨになってしまうが、力を入れると硬くなったりできることはその部分は完全体脂肪ではありません。

筋肉も含めてます。とりあえずこのような事実を皆さんが知る必要があります。

体脂肪はものすごく少ないし、腹筋もできて、腹筋が6パックに割っている人がいます。その人さえお腹に力を抜くとお腹が柔らかくなれます。

でも私達が持ってるぽっこり下腹は脂肪が溜まってできてるのは事実で体にできてる脂肪の中に一番健康に致命を与えることができるのが下腹です。また、健康に一番かかわりがある部分です。

「男性は腰回り40インチで女性は腰回りが34.5インチが超えたら異形糖尿病の発症が高くなる」

「体脂肪が多すぎると健康に悪い影響があり、心臓病や糖尿病につながる可能性がある」

と研究結果や引用句がありました。

多くの方がお腹の脂肪を落としたいと!どうすればなにをすればお腹の脂肪を集中的に落とせるか?お腹の脂肪を落とせる運動は?などを

どこかのサイトをググったり、本を読んでみたり、色々調べたりした経験は持ってると思いますが探した方法で実際にやってみると結果惨敗ではありませんか?

ZIZIBEは多くの科学的根拠がある内容や多くの論文、ほかの情報メディアなどを調べてみたのですが部分的に体重減量するのは、ほとんど不可能です。

いきなりなにを!!ここでなんで部分的に体重減量の話がでるというのはみなさん下腹のみ痩せたいと思ってるからです。部分のみ

本当に部分痩せたいならば方法は一個、脂肪吸引を行うしかありません。これは部分減量できます。

これからは本題に入り話したいと思います。

下腹をなくす方法は

1.全体の体脂肪を落としましょう。

あまりにも当然のことですが、全体的に体脂肪を落とします。全体的に体脂肪を落としてるのに落としたのに私のぽっこり下腹はなくならない!という方は体脂肪をより落とさないといけないのです。頑張って落としますと結局は下腹の脂肪は落とせます。

腹部の周りが痩せたいと思い腹筋だけ運動してみるとそのうち目覚めると思います。どれだけやっても下腹の脂肪をもやしてるわけではありません。実際に運動やダイエットでいろいろな方法を考え努力し頑張ってみた方はもうわかってると思います。

結局、結果的には全体的に体脂肪を落さなくてはならないのが事実です。と言ったらみなさん、それは私も知っている事実であり、当然の話でしょうと言えると思います。

なら実践しましょう~全体的に体脂肪を落としても落としてもできないと思い諦めようとしたなら、自分を信じもっともっと落とせるように頑張ってみましょう。まだ体脂肪減量が足りないのです。

2.体幹トレーニング(コア運動)をしてください。

筋肉を中心に鍛えるトレーニングを「体幹トレーニング」と呼びますが、体幹が体のコアであることから、「コアトレーニング」とも呼ばれています。

腹横筋の筋力が高まることで姿勢が良くなるほか、基礎代謝が上がることでダイエットの効率アップにもつながります。

体幹トレーニングをすると、体の筋肉量を増やすことができます。

筋肉量を増やすと、体脂肪をかなり落とし体脂肪率を低くするため、皆さんの体型にも変化があります。ここで変わる体型はダイエットした後にもバランスよく理想的な体を保つことができます。

筋肉が増えたのに、体脂肪がそのままといっても大丈夫です。

うちの体は筋肉が増えて大きくなった分、体脂肪が大きくなってる筋肉を包むようになるため、体脂肪の面積が薄く広がります。

例えば、ふたりの女性がいます。この二人は身長や体重も同じなのです。なのにひとりをぼっちゃりでひとりは細いです。

同じ体重なのに別体型の理由は上記、話した理由です。筋力を増やし、体脂肪の面積を薄く広めると細くなります。

体脂肪率を低くして、体脂肪が体に薄く広がると、お腹の脂肪がが自然に落ちるようになります。

なので皆さんが下腹を落とすために有酸素運動をしているならば有酸素運動より、体幹トレーニングを増やし筋力量を0.1%でも増やせるように集中してください。

だと体脂肪が落ちても落ちなくても皆さんの体型は変えれます。それに変わる体型で自分も楽しくもっと頑張れます。

上記の話をまとめますと

1.全体的に体脂肪を落とす=全体的の体重減量を行います。
2.有酸素運動より筋力量を増やし、体脂肪率を減らします。

この二つの方法以外に科学、根本、現実的には下腹を落とす方法は存在しません。なのでみなさんこの2つの方法を頭に入れておき、実践してみましょう。

全体的な体重減量はみなさんの個人にあったダイエット方法で実践してください。

 

これはおまけで話しますが体に水分をどれくらい持っているかにより、お腹が細くみえるか太って見えるかが左右されます。

しょっぱくて高炭水化物の料理を食べると体の水分が溜まる確率が増えるため、本人が持っている体型よりもっと太って見えるようになります。

なので食事の栄養バランスはものすごく大事です。

むろん、水分調節することも大事です。

本日なんども話してますがもうお腹の脂肪を落とすための腹筋のみの運動はほっといて体幹トレーニングを検索し、筋力量を増やしましょう。

それで体全体的に体脂肪を減らして行けます。理想的な体を持ってるようになります。

Copyright© ZIZIBEの一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.