ダイエット

痩せない下半身!今度こそ下半身デブから脱出しよう!

更新日:

上半身は痩せ型なのに下半身だけ太ってると思う方がいらっしゃると思います。

このような方は絶対に食べる習慣を変えてみてください!

今日は下記のように事例から始め、下半身デブから脱出できる方法を紹介したいと思います。

1.下半身肥満である方の事例

事例ですが「食生活を変えよう」とのプロジェクトに参加した参加者がいました。

参加者「○○」さんの悩みは

:太ってはない体型ですが下半身が肥満型で悩んでました。下半身の脂肪が積まれて積まれて特にももやお尻の部分が太ってました

この方の食習慣を聞いてみると下記のようです。

①朝食は頻繁に摂らないほうが多い。
②トーストやパン類が大好きでコーヒーは薄く多めで飲む。
③食生活が不規則。
④あらゆるダイエットは全部やってみたし、太ることに嫌悪感を持っており、アイスクリーム、チョコレート、砂糖、肉などは口にしない。
⑤この方は食事が東洋式ではなく米人のようになってましてピザやカレー、チキンなどを我慢できず、たまにはこのようなフードを過食してしまう。
⑥果物や野菜はしっかりと食べる。
⑦飲み物はダイエット用ででてるものやたんぱく質の飲み物のみ飲んでます。

この方の特徴は

体型は身長が155㎝で体重が50㎏です。
なのでデブとはいえないのですが若干ぼっちゃり系です。
服をよく選んで着ると太ってないように見える。
しかし、下半身が上半身に比べ太ってます。
体重の変化が大きい。
普段食べる量が少量で寝る前には絶対食べないようにしてる。
このようなので太るおそれがないのに少しでも油断したらすぐ太ってしまう。
体の弾力がなくてどんな服を着てもいまいちで着こなしがない。
夕方にあれこれ食べると翌日の顔がよく腫れ、通常よりも顔が大きく見える。
食事が不規則なため、一、二食食べないと、簡単に空腹を感じない。

問題点は

まず、一日の栄養の摂取量が少なすぎて、簡単にお腹がすいてしまう。
ご飯は食べずに口に合うお菓子やパンなどの加工食品をたくさん食べる。
コーヒーも過度に多く飲む。
体は無理なダイエットで、常に飢餓状態で精神も不安定で敏感な状態である。
何よりも目を引くのは、栄養不均衡であって特にビタミンB群やミネラルの摂取が足りってない。

(※ちなみに「ビタミンとミネラル」は細い脚になるため、必要不可欠なもので欠かせない要素です。)

このすべてが、下半身肥満に致命的で作用します。

アドバイスをしたら

第一、1日3食ご飯を中心にバランスある栄養を摂取すること。
第二、ビタミンやミネラルの摂取量を増やし、塩分の量に制限して、血液が酸性化されることを防ぐ。
第三、老廃物の排出するためのヨガ、マッサージ、お風呂などの一定の外部からの刺激を介して脂肪を分解させる。
お風呂は、暖かい水でマッサージを受けたように、血液の循環が速くなり、様々な栄養素と酸素の供給が円滑になり、老廃物が容易に排出されるからです。

上の方法を守りながら、痩せるための栄養と共に運動も一緒にすること。
結果、実施して2〜3週間経過したら、変化が起きはじめ、7〜8週目には急速の効果を見ることができます。

 

ただし、食事について知っておくべきいくつかがあります。

又、ここでポイントは下半身痩せの重点的に説明してます。

下半身痩せは普段行ってるダイエットとは違う方法で行わなくてはならないです。

もう一度言いますが 下半身痩せは普段のダイエットと同じ方法で痩せられません。

 

2.下半身デブから脱出するため、知っておくべき事実

①パンの代わりにご飯を食べてください。パンはNGです。

毎日の食生活からパンは除かしてください。食事にパンは一切に摂らず、一日に少なくとも2食はご飯を食べることです。

生野菜やサラダはやめてください。

生野菜やサラダが肥満解消や体重減少するのには役立つかも知れませんが、下半身肥満の方にはよくないです。

できるだけ摂取を控えるようにしましょう。

下半身肥満の場合には、野菜を食べてもそのまま食べるより、煮たり、ゆでたりして食べるのが一番いいです。

特にゆでたキャベツは最高です。ゆでた根野菜も積極的におすすめします。

コーヒーとダイエットコーラは禁止です!

コーヒーやコーラも禁止なのにお酒は?という方!お酒も無論NGです。

コーヒーとダイエットコーラは、それ自体がカロリーが低いとしても、体の正常な機能と、代謝が悪くなる一方です。

特に過剰な量のコーヒーは、通常の水分代謝を妨害しているため、体がよくむくむ原因になります。

又、コーヒーをたくさん飲むとカリウムが体から出てしまい、体内にナトリウムが増えて、

リンパ節(血のように体の中を流れながら栄養素と免疫抗体を運搬する体液の一種)の腫れの原因になる。

組織液(身体の組織の細胞の間に循環する一種。細胞に栄養分を供給したり、老廃物を受け入れる役割をする)の流れに障害が生じます。

ラーメンとピザ、カレーとは別れを告げましょう!

ラーメン、ピザ、カレーは下半身肥満の主犯であります。

カロリーが高いのはともかく、このような食べ物は下半身だけ太らせるすべての要素を持っております。

水はたくさん飲まないようにしましょう!

下半身肥満は、水をわざわざたくさん飲む必要はないです。

喉が渇くと少しずつ分けて飲みましょう。緑茶でもよいです。

⑥ミネラルやビタミンの十分な摂取をしましょう ★★★★★★★★★★【重要】

海苔、昆布、聴覚、ワカメなどの海藻類から摂取する方法がものすごく良いです。積極的におススメします。

ミネラルは、果物や野菜からも摂取することができますが、思ったほど、ビタミンやミネラルが豊富ではないです。

特に果物は、糖度が高く、カロリーも一日の摂取カロリーより簡単に超えたりしてますので、下半身肥満者には適してないです。

可能な場合は毎日一食するごとに「のり、わかめ、昆布などの海藻類を中心」で食事をしましょう。

その理由はヨウ素、カルシウム、マンガン、カリウムなどのミネラルは足をスリムにする優れた効果があります。

面倒なら市販で販売してる栄養剤などで摂取してもよいでしょう。

加工食品やインスタント食品は断りしましょう

加工食品はダイエットの天敵であるという事実は、すでによく知られた事実!

やめるようにしましょう。

コーア運動、筋力トレーニングもNGです。

下半身肥満は90%は筋肉と脂肪の塊です。まず、柔らかくするのが先です。

なのでコーア運動や筋力運動をやっている方は全部やめてヨガやストレッチに変えて行ってください。★★★★★★★★★★【重要】

完全NGではなく下半身肥満を脱出しようとしてるスタートの方はNGです。

このブログではなしてる方法を少なくても2週間から1ヶ月を行った後からコーア運動に変えてください。

下半身肥満がひどい方は様子見ましょう!1ヶ月も足りないですね。

⑨食事のバランスは【5:5】

食事のバランスはタンパク質を5!炭水化物を5!にしてください。

タンパク質を多めで取るのは禁止です。

①で話しましたがここで話してる炭水化物はパンやお菓子などではありません。

お風呂やシャワーの時間は?

皆さん一日を頑張って送ってから疲れてるから、

夜は顔や歯磨きだけやって朝早めでお風呂やシャワーを行う方もいらっしゃると思います。絶対います。

実際にZIZIBEの友達がそうしています。

夜にお風呂入るのは無理って言う方は夜シャワーだけでも体のみのシャワーでもいいので必ず洗って寝てください。

一日のむくみが解消されます。それに温かいお水で洗うため、体の血液循環がよく下半身デブから脱出するのに近づいてます。

3.下半身肥満の4つのタイプ

下半身肥満の場合にも、個人によって症状や種類が異なっています。

ふくらはぎだけ太い人もいれば、お尻で太ももがまるで一つ接続しているかのように太字に見える場合もあり、弾力性がなく、肌の垂れが原因でより太く見える場合もあります。

わかりやすく4つのタイプに区分して特徴を簡単に説明します。

◆脂肪型

足が全体的にぽっちゃりタイプです。力を与えても、筋肉が全然感じられない。
過食と運動不足で脂肪がたまったケースで下半身肥満というよりも、全身肥満の場合が多いです。
下半身ダイエットに突入する前に、全体的なカロリー減量で体重を減らし、再び下半身ダイエットに挑戦して見るようにしましょう。

◆水分型(流れ型)

夕方であれば、足が腫れたり、簡単に疲労を感じる型で足が腫れて相対的に太く見えます。
単純な生理的要因が原因であることもあるが、腎臓や肝臓が悪いなどの 病的な要因があることもあります。
水分は喉が渇く時に少しずつ分けて飲むこと

◆筋肉型

皮下脂肪が多い方ではないが、筋肉に脂肪が多く、手で触れたとき硬く感じられる型であります。
運動をたくさんしてからやめた後の筋肉が衰えて筋肉の代わりに脂肪が出来てしまってる原因で生じた型です
太ももよりふくらはぎが意外に太いです。
まず脂肪を抜いて筋肉を再強化させて弾力性のある脚を作ってなければならないです。

◆混合型

脂肪、筋肉、水分タイプのうち二、三種類が混合した形であります。
ほとんどの下半身肥満は、特殊な場合を除いては、混合型である場合が多いです。
「運動で足スリム」との考えは捨てましょう。最低10分以上のヨガやストレッチをしましょう。

 

4.まとめ

ZIZIBEが痩せるためにいつも説明しますがもう聞き飽きてる方もいらっしゃると思います。

一般的に体重を減らすためには食事療法と運動を並行しなければならないです。

多くの人々が 私って食べないことはできるが運動はどうてい無理と食事療法だけ重点を置きます。

食事療法で一日の摂取カロリーを減らすこと当たり前で、適度な運動を加味することも必要です。

しかし、欲張って、残りの短期間に多くの効果を見ようと無理に絶食をすることでダイエットの繰り返しを行うことはNG。

結局、やせることはできるが上半身だけやせたり、体がよくむくむ、便秘がある、体力が落ちてる、少しだけ食べてるのに太る等、様々な副作用が生じることになります。

下半身肥満の場合、運動で足を痩せれるという考えは捨てなければならないです。

下半身肥満の鍵の一つの方法はまず食事療法、二つも食事療法であり、三つ目はヨガやストレッチです。

ヨガやストレッチは、付随的な方法で考えるといいですね。

血液循環を促進させ、リンパの機能を活性化させ、老廃物や毒素、脂肪を排出させる程度なら大丈夫であります。

もっとわからないとの方は軽いストレッチとヨガで一日少なくとも10分はやらないという覚悟ですれば最高です。

以上、ZIZIBEからでした。

Copyright© ZIZIBEの一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.