ダイエット

ダイエットは運動より大切なのが食習慣

更新日:

私は20歳頃から今までずっとダイエットをしている女性です。

女性って一生ダイエットする。という言葉に同感です。

私も体重が48Kgの時がありまして、どれだけ食べても太らなかったんですが

3が月くらい寝て食べる ことを繰り返して気づいたらもう10kgが太っていました。

それ以来は食べたら太るのが当たり前になりましてたぶん体の体質が変わってしまったと思います。

今日(2018/07/22)から50kgまで頑張って痩せてみたくダイエット日記を書くことにしました。

私が10年間の間、あらゆるダイエットをしましたが全部リバウンドしました。

今までの失敗事例は後でアップします。結局ダイエットことは運動することだと思います。

食べて太るだけの女って豚だと(泣)食べて運動するならば健康な豚だと友達に言われました。

食事制限をし、運動するこそダイエットと言えます。

今までダイエットをしてきて今更感じますが食習慣は本当に大事だと思います。

我々は時間がなく習慣的に運動するのは大変ですが食習慣を調節できたらダイエットの90%はできてるとも言えるくらい食習慣は大事です。

長くなりましたがこれからダイエットに役に立つ食習慣を紹介します。

1.一日一食はやめましょう。

いつの間にかダイエットのせいで一日一食をしてたら結局暴食につながるか過食につながるかどちが一つでした。

空白が長くなるとインシュリンの分泌物が増えてしまいます。これは脂肪合成を促進し、同じ量を食べてももっと太ってしまう逆効果を及ぼします。

又、食事を食べなくこれによりストレスが溜まると体重が増えていくのには間違いないです。

2.定期的に食べましょう

空腹はインシュリンを、インシュリンは脂肪を呼びます。だとインシュリンをなくさないといけない。

インシュリンを作らない方法は定期的に食べることです。同じカロリーを食べても定期的に同じ時間で食べると脳は危機感を感じずインシュリンを作らないのです。

3.ゆっくり食べましょう

食事時間が短いと満腹感が感じる前に多めの量の食事をすることになります。肥満をもってる人はよく噛まない食習慣をもって場合が多いです。

一方、何度も繰り返し噛みながら食事を取ると食欲を調節する脳を刺激をし、満腹感を刺激できるのでガムを噛むのも悪くない習慣です。

ゆっくり噛んで食べると食べ物の味を楽しむことができ、同時に満腹感も得て食べる量も減らせることができます。

食事する時間は最大30分は使いましょう。

4.夜遅く食べるのは避けましょう

夕食を沢山食べるのは良くないです。なのにそれより酷いのが夜遅い時間に食べることです。

夜遅く食べて、エネルギーも消耗せず寝るだけだと食べた分、全部体重増加につながります。

特にグレリンという食欲を注ぐホルモンは真夜中頃に最も多く分泌されます。

なるべく寝る前には夕食以外には食べずに寝るように習慣を作ってみましょう。

5.炭水化物を減らしましょう

:ダイエットをしてるひとならばご飯は半分に~~

炭水化物を摂取するとグルコースが作られるんですがこのグルコースも…インシュリンを呼びます。

ご飯!いわゆる炭水化物をオバー接収すると体に脂肪をどんどん付けていくはめになります。

ただし、炭水化物をあんまり減らしてしまうのも筋肉損失になるのでご飯は半分にして維持すること!

白米よりは雑穀、食パンよりはライ麦パンを選びましょう。

6.塩は避けましょう

:ラーメンは麺のみ~

しょっぱい料理を食べると甘いものが注ぎます。塩分が高い料理はこれこそご飯泥棒です。

厚生労働省が2014年3月に発表した「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」の報告書によれば、18歳以上の男性は1日当たり8.0グラム未満、

18歳以上の女性は1日当たり7.0グラム未満という目標量が定められています。さらに、日本高血圧学会減塩委員会は、高血圧予防のために、1日6グラム未満という制限を勧めています。

世界保健機関(WHO)は、世界中の人の食塩摂取目標を1日5グラムとしていますが、米国では心血管疾患の予防のためのガイドラインは、塩分の最大摂取量が1日3.8~6.0グラムとなっています。

日本人は世界保健機関が発表した5gよりは一日塩分摂取量は確か多いのは事実です。

鍋や汁などはなるべく具のみ食べるようにしましょう。

7.高タンパク質を愛しましょう

:低カロリー食品、魚・卵・豆腐

ダイエットのためには一日摂取カロリーを減らして炭水化物も減らしてしまうと立ちくらみを経験したこともあると思います。

このような現象を避けるためはタンパク質が必要です。カロリーが心配ならばお肉代わりに白身と卵、加えて豆腐と豆を積極的におすすめします。

8.脂肪は大事です。

実際に肉ダイエットなど高脂肪低炭水化物の摂取する方法でブームになったときにがあります。

脂肪は体の体温を維持、細胞膜を構成するなど大事な役割をしますので減らすのは困ります。

だがお肉を食べるときには牛、豚、鶏は全部油が少ない法を食べるようにしましょう。

又、汁や鍋、ラーメンなどは油まで飲むのはやめましょう。

9.アルコールは避けましょう

飲み会は酔っぱらうための席ではありません。

お酒はダイエットに致命的です。どれくらいかと言うと脂肪1gで9kcalですがアルコールは1gで7kcalです。

単純にカロリー問題では終わりません。

お酒飲むときにはおつまみも一緒に食べるし、アルコールのせいで脳の活動が鈍くなり、

お腹いっぱいになってることを気付かずに普段より多めで食べてしまい結局過食になるはめになります。

それだけでなく、次の日も過食を呼びます。

もし、私はお酒のみ飲むという人は病院で胃と肝臓の検査をおすすめします。;;;

10.果物を賢く利用しましょう

果物は以外にカロリーが低いです。朝、食事をすることが大変であればリンゴ一個でお昼まで耐えれる。

又、果物は食物繊維も豊富で腸健康にも役に立ちます。

ただし、果物には脂肪を合成する果糖が多く含まれてますので一日100kcalに制限しましょう。

100kcalだとリンゴ二つを考えればいいと思います。

11.一日食べてるものは記録にしましょう

人は実際に一日食べるカロリーを食べてる分より少なく計算するらしいです。

一日くらいならばと思いますがこれが一か月になるとこれも無視できないのでダイエットに成功したいならば

毎日、食事の記録を真面目にしてみましょう

Copyright© ZIZIBEの一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.